地震のミタテ

前兆による震度1以上を観測すると思われる地震の発生場所(震源)やその注意期間の情報。

ver. 15.03.11
Yahoo! JAPAN | 防災速報(無料)
※初めての方は、↑上記の“予測の検証”をご覧下さい。 気象庁 | 緊急地震速報(警報)発表状況 気象庁 | 地震情報

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

トンデモ宏観現象 : 地震予測「地震解析ラボ」の的中率が約5割って本当!?

早川正士 電気通信大学名誉教授の活動


常連客である筆者の感じでは、的中率は約5割


 筆者《藤 和彦》が注目しているのは、「電離層の擾乱」という地震の前兆現象をもとに短期の地震予測を行っている早川正士 電気通信大学名誉教授の活動である。

地震予測は実用化の段階に入ったと考えた早川氏は2010年に「地震解析ラボ」という研究所を立ち上げ、契約者を対象に週2回、マグニチュード5以上の地震に関する情報を提供している。

 筆者も5年近くその情報を見ている… 厳密に分析したわけではないが、「地震解析ラボ」の常連客である筆者の感じでは、的中率は約5割と言ったところである。




産経新聞社が発行する「夕刊フジ」の公式サイト、ZAKZAK


地震予測の早川氏、14日「震度5弱」を的中 次に注視するエリアは… (2/2ページ)
2016.01.19 - 政治・社会 - ZAKZAK

※14日「震度5弱」を的中 ⇒ 「規模と震度は想定を上回った」と書いてあります。

× (1)福島から栃木にかけて20日までにM5・0(震度4)
× (2)伊豆小笠原から沖縄南方20日までにM5・5(震度3)
× (3)26日までに十勝沖から北方M5・0~5・5(震度4)
× (4)和歌山から鳥取26日までにM5・0(震度4)


次に危険な3地域はここだ 地震学者・早川氏、予兆捉えていた
2016.04.15 - 政治・社会 - ZAKZAK
 最大震度7を記録した熊本県の巨大地震。 …今回もその予兆をとらえることに成功。

「4月8日から19日の間に、伊予灘から日向灘にかけて内陸でM5・0前後、海底で5・5前後、最大震度4程度」と予測していた。

熊本地震(M7.3、震度7)とは場所も規模もまったく違います。

× (1)17日までに北海道東部から千島列島以北にかけて、内陸でM5・5前後、海底でM6・0以上、最大震度4程度
× (2)24日までに茨城沖から房総沖にかけて内陸でM5・0前後、海底でM5・5前後、最大震度4程度
× (3)24日までに伊豆小笠原・沖縄・南方にかけて、海底でM5・5前後、最大震度3程度。


“3連続”地震予測的中の早川氏 次は北海道から岩手、福島から茨城に兆候… (1/3ページ)
2015.06.02 - 政治・社会 - ZAKZAK
 東日本大震災のM9・0に次ぐM8・1。5月30日夜に発生した小笠原地震は、同諸島の母島や神奈川県二宮町で震度5強、47都道府県の全てで震度1以上を記録した。

「5月24日~6月4日までの間に相模湾、伊豆諸島から小笠原にかけての海底でM5・5前後、最大震度5弱程度」と発表

※M5・5 → M7・5までで、地震のエネルギー差は1,000倍。

× (1)7日までに北海道の十勝から岩手にかけて、内陸ならM5・0前後、海底ならM5・5前後、最大震度4程度。
× (2)11日までに福島から茨城にかけて内陸海底ともにM5・0前後、最大震度4程度


10日までに青森、岩手、宮城と北海道で地震の恐れ 早川氏が新たな警鐘  (1/2ページ)
2016.09.08 - 政治・社会 - ZAKZAK

× (1)10日までに東北地方太平洋側の海底を震源に、M5・5程度の地震が起きる可能性がある。揺れの発生が想定されるのは、東日本大震災で被害を受けた青森、岩手、宮城の東北各県と北海道で、震度は4~5弱」と指摘。さらに「震源が海底のため、津波の発生も心配される」


阿蘇山噴火の異変も事前キャッチ 電通大名誉教授・早川正士氏が警告する「いま最も危ないエリア」 (1/2ページ)
2016.10.11 - 政治・社会 - ZAKZAK

阿蘇山噴火の異変も事前キャッチ ⇒ 詳細情報なし。

× (1)10月15日までに福島から千葉北部にかけて、震源地が内陸ならM5・0程度、海底ならM5・5程度。福島、茨城、栃木、千葉で最大震度5弱が起きる可能性がある。東京と神奈川でも震度3程度の揺れになる恐れがある
× (2)北海道・東北、九州でも12日までに地震の発生が懸念されるという。

 「前者は岩手を中心に震源地が内陸ならM5・0前後、海底ならM5・5前後で、岩手、青森、宮城、北海道で最大震度5弱。後者は熊本から沖縄にかけて内陸、海底ともにM5・0前後。熊本、鹿児島で最大震度5弱の恐れがある


New! 千葉房総でM6揺れるXマスか 福島、茨城で最大震度5弱、首都圏も震度3程度 11・22地震も予知した電気通信大名誉教授が最新予測 (2/2ページ)
2016.12.20 - 政治・社会 - ZAKZAK

「(11月)17日から28日にかけて、南東北から千葉の北部にかけて揺れを感じる地震が起こる恐れがある。Mは5・0程度」
弁明: 地震の規模が予測を上回った… 予知の精度をさらに高めていきたい

※M5・0程度 → M7・4(津波観測) 地震のエネルギー差は4,000倍。

× (1)20日までに北海道の道東からオホーツク海にかけて
× (2)25日までに宮城から岩手にかけて、ともに震源が内陸ならM5・0前後、海底ならM5・5前後、最大震度は青森、福島も含めて4程度
× (3)25日までに東北地方の南側から房総半島にかけて内陸ならM5・5前後、海底ならM6・0前後。福島、茨城で最大震度5弱程度。東京を含む東北、関東の地域でも震度3以上の恐れ
× (4)20日までに北信越を中心に東海や北陸にかけての内陸でM5・0前後。岐阜と長野で最大震度4程度
× (5)22日までに中国、四国、九州、沖縄までの広い地域で内陸海底ともにM5・5前後、最大震度4程度


New! 酉年地震予測、警戒地域はここだ 昨年末の茨城M6・3的中の地震学者・早川氏が警鐘 (2/2ページ)
2017.01.06 - 政治・社会 - ZAKZAK

早川氏は3日、夕刊フジに「7日までに東北から北関東にかけて… って証拠のない後出し。

※記事を読むと、「昨年末の茨城M6・3的中」のタイトルに偽りあり。

× (1)7日までに南九州から南西諸島にかけて、内陸海底ともにM5・5前後、最大震度4程度
× (2)9日までに中国、四国、九州にかけて内陸海底ともにM5・5前後、最大震度4程度
× (3)9日までに小笠原諸島付近の海底でM6クラス以上の地震が発生する恐れがある。震源が深ければ、関東地方でも最大震度3以上を記録する可能性


  ↓ 矛盾


予知するアンテナ紹介
対象エリアは、関東地区が中心で、次の都道府県です。
東京都(※小笠原諸島除く)、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県(※佐渡含む)、山梨県、長野県、静岡県、宮城県、山形県、福島県


的中率は!?


2016年: 0割 / (17)
2017年: 0割 / (3)の予測でした(´・ω・`)

8月31日 早川正士 02

  ↓ Σ(・ω・ノ)ノ!

新たな常識「地震は1週間前に予知できる」
By ReadWrite[日本版]編集部 On 2017.1.17
自然現象を100%的中させることは困難である。それにもかかわらず、的中率が約7割にも達する早川氏の地震予知理論は、現時点で最も信頼の置ける研究成果といえよう。


Tweets


https://twitter.com/jishin_mitate
揺れる前の心構えとして、備えとフォローお願いします ='ㅅ'=


予測の検証


震度5弱以上を観測した地震 (2015年)
震度5以上を観測した地震 (2016年)


過去の教訓をいかし、防災・減災へ。
関連記事

| トンデモ宏観現象 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://guratto.blog.fc2.com/tb.php/222-9b449925

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT